カジノゲーム

ブラック ジャック ルール

ブラック ジャック ルールをこちらで学びましょう。公式のブラック ジャック ルール 初心者を学び、最高のオンラインカジノでブラック ジャックをプレーしましょう。

ブラック ジャック ルール カジノ

ブラック ジャックは、得点を21に近づけることによってディーラーに勝つ事を目的とした比較的シンプルなカードゲームです。落とし穴は「バスト」してはいけないという事で、これは自分のハンドの値が22以上になると自動的に負けになるという事です。このゲームが非常に人気である大きな理由の1つは、カジノに対してプレーヤーが勝利できる確率が高く、ブラック ジャック ベット 方法を十分に学べば相当な賞金を獲得できるからです。

52枚のカードデッキを6個から8個使ってプレーされる事が多いですが、1つのデッキもしくは48枚のカードで構成された複数のスペイン式デッキを用いるバリエーションもあります。言わずもがなですが、このゲームのバリエーションは非常に多くあります。

大量のバリエーションについては置いておいて、ブラック ジャックで賞金を獲得するために必要な第1歩は、クラシックなバージョンのブラック ジャック ルールを理解する事で、以降ではそれについてご説明します。また、Mystinoでプレー方法を学びながらブラック ジャックを練習する事もできます。

ブラック ジャック ベット 方法と払戻

ペイアウトカジノ

厳密な払戻額はベットした金額とディーラーに勝った方法によって上下します。

ハンドの終了時点でディーラーよりも21に近ければ1対1で払戻が行われます。ディーラーがバストし、プレーヤーがバストしていなければ、プレーヤーのハンドが何であっても1対1で払戻が行われます。

最初の2枚のカード(エースと10のカード)で幸運にもブラック ジャックが配られた場合は、払戻は3対2になります。オンラインカジノのブラック ジャックでは、バーチャルテーブルにこういった標準的な払戻のルールが記載されているはずです。

ディーラーのハンドと同じ値のハンドは全てプッシュとなり、ベットした金額が返金されます。また、プレーヤーとディーラーがブラック ジャックだった場合にも返金されます。

もちろん、ブラック ジャックには数百種類のバリエーションがあり、多くのブラック ジャック ルールでは用いられるデッキの数や、ベットができる回数、そして前述の払戻率などの点で異なっています。当然、クラシックなゲームに独自性を追加する様々なバージョンのサイドベットがあります。

ブラック ジャックのバリエーションと、それらをプレーするための最高のオンラインカジノについてもっと知りたい場合は、リアルマネーでブラック ジャックをプレーするための詳細な限定ガイドをご覧になってみてください。

ブラック ジャックのテーブルリミット

ベットをする事に関しては、オンラインカジノと実店舗のカジノの両方では、プレーしているテーブルやオンラインのバージョンに従って、ベットに最小金額と最大金額が設定されています。最も一般的なテーブルリミットは、カジノによって安ければ5$から25$で、高ければ10,000$といった範囲になっています。

ブラック ジャックのカードの値

オンラインカジノゲーム

ブラック ジャックのカードの値は理解するのが極めて簡単です。数字の書かれたカードは記載されている数字の通りの価値があり、絵札(ジャック、クイーン、またはキング)の価値は10です。

エースの価値は1または11で、エース以外のカードの値に応じて選択する事ができます。エースの値を11として使用すると、ハンドがソフトと見做されます。ブラック ジャックにおけるソフトハンドとは、バストになる可能性が無い状態で新たなカードをヒットできるという意味です。

例えばポーカーとは違って、このゲームではカードのマークはカードの数の合計値に何の影響も無い事を憶えておく事が重要です。

ヒット

ヒットとは、最初に2枚のカードが配られた後に、もう1枚のカードを受け取る事を表す用語です。持っているカードの合計値が21よりも著しく低い場合にはヒットをすべきです。持っているカードの合計値が17以上である場合には、ディーラーの見えているカードが何であってもスタンドすべきです。

オンラインでプレーする際はボタンを押してヒットする事をディーラーに頼む事ができますが、実店舗のカジノのテーブルではカードが伏せられている場合はカードを掻き、カードが表向きになっている場合はテーブルをタップする必要があります。

残念ながら「ヒット」と叫ぶやり方はハリウッド映画でしか通用しません。

スタンド

スタンドとは、持っているカードが最善のハンドだと思う場合や、ヒットしたらバストになると思う場合にカードを受け取る事を止める意思表示をする事です。「スティック」や、「ステイ」、または「スタンドパット」と呼ばれる事もあります。

ここでもオンラインの場合はボタンを押せば済みますが、ライスベガスなどの実店舗のカジノのカジノではカードが伏せられている場合はカードをチップの下に置き、表向きの場合は手を水平に振る必要があります。

ダブルダウン

また、ラウンドで最初のハンドを受け取った後にダブルダウンをするという選択肢もあります。ダブルダウンをすると、最初にしたベット額が増加し(一般的には2倍になり)、もう1枚のカードが配られます。ダブルダウンをした後に勝利した場合でも払戻は1対1です。

もう1枚のカードが配られますが、その後はスタンドしなければならない事に注意しましょう。一部のゲームではベットの増加割合が100%のみであるものもあります。

これはリアルマネーでのプレーを理解する上で役立つブラック ジャック ルールの一部でしかありません。こういったタイプの記事を今後も掲載していくので是非ご覧になってみてください。

ブラック ジャックにおける悪い戦略

ブラック ジャック ゲームにおいて目にする一般的な3つの悪い戦略には;決してバストしない、ディーラーを真似る、ディーラーが常にホールカードに10を持っていると想定するといったものがあります。この3つの戦略は全て非常に悪い戦略です。以下では、0.43%のアトランティックシティールール(ディーラーはソフト17でスタンドし、4のハンドをスプリットし、スプリット後にダブルし、あらゆる2カードでダブルするルール)におけるハウスエッジを含む、それぞれの戦略に対する具体的なコメントをご紹介します。

悪いブラック ジャック ルールは以下の通りです:

決してバストしない:個人的な分析から言えば、プレーヤーは12以上のハンドで絶対にヒットしない事になります。他の全ての判断は正しいベーシック ストラテジーに従います。「決してバストしない」戦略は、3.91%という膨大なハウスエッジをもたらします。

ディーラーを真似る:個人的な分析から言えば、プレーヤーは16以下のハンドでは必ずヒットし、ソフト17を含む17以上ではスタンドする事になります。ディーラーはダブルもスプリットもできないので、プレーヤーは決してダブルもスプリットもしません。この「ディーラーを真似る」戦略は、5.48%という膨大なハウスエッジをもたらします。

ホールカードに10があると想定する:この戦略については、最初はこの想定における最適なベーシック ストラテジーだと思いました。ディーラーの見えているカードがエースだった場合は、適切なベーシック ストラテジーに戻ります。なぜなら、ディーラーにはブラック ジャックの可能性があるからです。この「10を想定する」戦略は、10.03%という膨大なハウスエッジをもたらします。

こういった戦略は、プレー中に利用する事がお勧めできないブラック ジャック ルールを表しています。この戦略は、今のところ大きな勝利をもたらすことができますが、時間の経過とともにはるかに大きな損失をもたらします。